店舗デザインにどのくらいお金をかけるべきか

内装業者に仕事をお願いする前に、事業計画書に基づいて店舗内装にかけられる予算を決めましょう。
予算が決まっていないと、クライアント様の想いや商品に対して、的外れな予算配分をしてしまう結果にもなりかねません。

坪単価●●円の計算方法

店舗工事費用は、業種・物件の状態、何も無いスケルトンの状態なのか、それとも設備が残っている居抜き物件なのか、使用する材料や工事方法などにより、10坪の飲食店でも1000万円を超える場合や、逆に30坪で500万円以下で施工出来る場合もあり、一概に決めてしまうことは出来ません。
施工会社のwebサイトなどに坪単価などの情報を掲載し、

「こんなに安く出来ます」

とアピールしている物件や事例もみかけますが、鵜呑みにせず、どのような経緯で決まって、どのような工事を行っているのか、しっかり確認してください。

そして坪単価には「スケールメリット」という要因も大きく影響します。
スケールメリットとは、工事面積が広ければそれだけ坪単価が低くなることで、坪数の大きな広い物件では坪単価が安くなります。

坪単価とか、見積りが安いところがいいんですか?
費用を押さえる重要なポイントは、簡単に言うと2つ、

「いかに条件の良いテナントを探して見つけるか」

「そして工事をどの業者に依頼するか」です。

安易にお見積りの安い業者に依頼してしまうと「追加工事」として支払い額が膨らんでしまったというケースもあります。
どこまでの工事がお見積もりに含まれているのか、工事の仕方、使用する材料など工事詳細をきちんと説明してもらい、納得した上で、信頼のおける業者に工事をご依頼される事をお勧めします。

見た目のクオリティだけではない、店舗デザイン・・・
店舗デザインにおいて大切なのは、お客様にとって快適な空間をつくること。
勿論、クライアント様のイメージを形にすることも大切ですが、その結果、お客様にとって居心地の悪い空間になってしまっては本末転倒です。とは言え、ただお客様の理想の店舗を作るだけでは、他のお店との差別化も出来ません。自分のお店ならではの個性・こだわりを持つことが、ファンを惹き付ける強みになります。

「どこにでもある」と思われない、そのお店だけの商品やサービス。

これが無ければ、お客様はわざわざ訪れてくれません。
お客様に媚び過ぎず、お店の世界観を作り込む。
このバランスこそが、繁盛店に必要な「デザイン」です。

動き(導線)を計算した空間づくり
お客様にとって居心地の良い空間を作るには、店内の導線の確保も大切な要素のひとつです。
ただ、導線の確保だけでなく「動作空間」を意識した設計もポイントです。いくら通路が広くても、椅子やテーブルの距離感が近すぎてしまうと、非常に動きにくい空間になってしまいます。
理想的な動作空間は、業態によっても異なりますが、お客様やスタッフがストレスを感じることなく過ごせる場所をしっかりと意識することが、必然的に「動作空間」を配慮した快適な空間作りに繋がります。
場所に合わせたデザインとは店舗のデザインを考える上で、物件の立地に合わせたデザインを考える必要があります。例えば、近くに飲食店がある場合は「ニオイ」が店内に入り込まないか、逆にビル内に飲食店をオープンする際は、換気扇などの設備を見直す必要がある場合もあるので注意が必要です。
線路沿いや大通り沿い、パチンコ店の近くなどでは、「防音対策」は必須になります。
お店の場所を決める際には、ここに店舗を構えるとどんな機能が必要になるのか、前もってしっかりと調べることが重要です。

Contact