「スケルトン」って何?高くなるの?

店舗物件を探すとき、「居抜き」と同様によく見かける「スケルトン」
どんな状態の物件で、スケルトン物件を選ぶ事で、どんなメリットが期待できるのか・・・
今回はこの「スケルトン」の特徴について話してみたいと思います。

物件の内装と設備を施す前の何もしていない状態のことを「スケルトン」と呼びます。
スケルトン物件は店舗の内装や設備工事など、全く手を加えていない状態なので、店舗内装を一から自由にデザイン出来るのが一番のメリットです。

ですが、その分内装工事などで大きな費用と時間もかかってしまうので、お店をオープンするまで時間も要します。

「原状復帰」が必要?

スケルトン物件の注意点


そしてもうひとつスケルトン物件を探す際に注意すべきポイントは、「原状復帰」が必要かどうか。賃貸契約の際、退去時には入居する前のスケルトン状態に戻すという「原状復帰」を条件に契約をする場合が通例です。

この場合、退去時にスケルトンに戻す工事にも大きな費用が必要となってしまうので、スケルトン物件でも、退去時には内装をそのままの状態で残す居抜き物件として処理してもらえるか、事前に確認して下さい。

スケルトンはお金がかかるの?


スケルトンのメリットは、一から内装をすることになるので自分の思い通りに店舗の内装を行うことが出来る事。そしてスケルトンのデメリットは、何もない状態なので時間と費用が多くかかること。

ただ、見積もり次第では居抜きよりも安く済むこともあり、一概に費用がかかるとは言えません。

逆に「居抜き物件」のメリットは、設備が揃っている為、その分の内装費用を抑える事が出来る事ですが、開業したい店舗によって必要な厨房の広さなどは異なるので、条件に合う物件を探すのが難しく、設備の条件が揃っても、老朽化等で店舗設備をそのまま活用する事が出来ない場合もあります。その場合、設備の増設や修繕、水回りの改修等が必要になり、場合によってはスケルトンより費用がかかってしまうケースもあります。

スケルトンと居抜きにはどちらにもメリット、デメリットがあります。

理想的な物件が見つかれば、居抜きの方が格段に安い費用で開業できますが、物件の状況によってはスケルトンの方が安い費用で内装工事を行うことが出来る上、一から内装を行うスケルトンは費用の見積もりがしやすいですし、自分好みの内装にすることができます。

自分で一から考えて理想のお店を作れるスケルトンの方が愛着が湧くはずです。それと共に、店舗は住宅とは違い、収支計算に基づいた予算作成が必要です。安く抑えて、行いたい営業ができず売り上げの低下を招く事もあります。逆にイメージ通りのお店を作り売り上げを上げることで結果利益UPもあります。そして自分のお店に対して思い入れが強い方が、事業としても成功する確率が高くなる気がします。

収支の考え方も共有して予算を立てることが出来る弊社へご相談ください。

Contact