高い賃料を払ってでも、 駅近にこだわるべき?

「駅の近くで、繁華街にあり、1階の店舗」そんな好条件を満たした物件は、集客力があるため人気も高く、賃料も比例して高くなってしまいます。
人が集まる人気店を作るには、高いお金を払わなければならないのかというと、そういう訳ではありません。実際、駅から離れた場所にある繁盛店はいくつもあります。

店舗物件を選ぶポイントは?

駅近でなくても、繁華街でなくても、1階でなくても、「お店のターゲットとなる人物の生活動線上にある」物件というのがポイントになります。
例えば、“駅前に出る際、住民が必ず通る道”などは、「駅近」などの条件にはあてはまりませんが、住民の目に留まりやすい場所であるため、好立地である可能性が高くなります。また、こうした物件は「駅近」の物件よりも賃料が低く、コストパフォーマンスも良い事も多いです。
その生活圏に住んでいる人の視点で物件を見極め、低い賃料で最大限の効果を発揮できる物件を選ぶことが大切です。さらに、繁華街にありがちな「騒音」や「ニオイ」の問題も無い為、業態によっては駅近で探すよりもメリットが多い場合もあります。

具体的なポイントとしては、大手チェーン店の出店状況も参考になります。お金をかけてリサーチし、集客が見込めると判断した上での出店になるので、ターゲット層は異なるとしても、人の流れは見込める基準のひとつになります。

店舗の物件を選ぶよりも大切な事

繁盛店を作るためには場所選びよりも、商品・サービスの価値をいかに伝えるかを考えることが大切になります。
に喜んでもらうため、選ばれるためにはどのような商品・サービスの提供が有効か、支持をしてもらえるか=より効果的に多くの顧客を集客し支持される方法かを考えることです。

「駅近」にはそれだけで価値がありますが、あえて駅近にこだわらず、賃料を抑えて浮いたコストをサービスや商品の強化に使う事で、根強いファンを作る強みを生み出すことも可能です。

駅近でも、そうでなくても、繁盛して人が集まるお店にはそれだけお店に魅力があるということです。自分のお店のコンセプトを最大限に発揮するにはどの場所が最適なのか、しっかり考えること。これが繁盛店を作る一番の近道だと思います。

一緒にコンセプト創りから始めましょう。

Contact